地区の神社の春祭り

皆さん、こんばんは。

三代目の清水です。

 

さて、先週の土曜日、地区の神社の春祭りがありました。

 

 

スーツ姿の祭事係が地区内を闊歩し、祭りの雰囲気を盛り上げる?!

(国道ですれ違う車は、このスーツ集団は一体何だと思っていたことでしょう)

 

何で春祭りのことを記事にしているのかと言いますと…

私に祭事係というものが回ってきまして、昨年の大晦日より、定期的に仕事をさせて頂いています。

 

 

なかなか普段の生活では、交流がない方々とも、祭事に合わせてお話させて頂き、

例えば、同級生のオヤジさんとかがおられます。

 

ちなみに…

その同級生のオヤジさんには、既に小学生の孫も2人いるとのことで…

 

私が20歳の学生の頃に… 同級生は出産をしていたのかと不思議な感覚がしました。。。

 

 

 

また、勉強になったことがありました。

 

神官から教えて頂いたのですが、長野県の地域にある様々な神社は、そのほとんどが諏訪大社系列であるそうです。

そのようなことから、定期的なお祭りや7年に1度の御柱祭も、全て諏訪大社に従って執り行っているとのことでした。

 

そんな話をしながら、御神酒をたくさん頂いた土曜日でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA