「やねいろは」に登録しました。

皆さん、こんにちは。三代目の常務の清水です。
先日11日(木曜日)、長野県も梅雨入りが発表されました。それからの連日の天候不良で、施工現場では雨養生や工事中断が続いています。
さて、そんな梅雨の時期にお問い合わせが多くなるのが、「雨漏り」。。。
突然の雨漏りにお困りの方に、すぐに安心してお問い合わせ頂けるように
この度、屋根工事業者の専門ポータルサイト「やねいろは」に、長野県北信地域の屋根施工業者としては、初めて登録いたしました。
このポータルサイトは、岡山県の瓦・太陽光関連部材の専門商社「白神商事株式会社」様が運営されているサイトで、業者から登録申し込みがあった際には、
全国津々浦々、会社へ訪問し、取材をした上で、審査・登録をするといった、「質」を重視されたサイトです。
白神商事の社長様には幾度も取材に来ていただき、お話を重ねていくなかで、ポータルサイト運営による会社の利益よりも、まずは、
業者の地位向上、業界の存続・成長といった社会的な利益を重視されており、その姿勢に大変感銘しました。
なぜ?弊社が登録したのか?
私が業界紙で「やねいろは」の存在を知り(当時は岡山県の業者のみの登録サイトでした)、
弊社と取引のある瓦メーカーの営業マンに、事務所で珈琲を飲みながら「やねいろは」について質問をしたのがきっかけでした。
なんと、その営業マンがそのサイトの運営に大きく貢献していたこともあり、その場で「電話しますよ」と紹介を頂きました。
そして、弊社も縁あって登録いただく運びとなりました。
私が入社間もない頃、会社の事務所で驚いたことの1つが、「屋根工事や外壁塗装工事のお客様をご紹介します!」と大量のFAX。
そして、そのFAXには、専用サイトのURLがあり、こちらからお問い合わせのあったお客様を登録いただくと、紹介しますと記載がありました。
ただ、そのサイトにアクセスすると、ページは1ページしかなく、サイトの運営会社もあるのかないのかよくわからないこともしばしば。
お客様・業者両社にとって、「怪しい」と思うものがほとんどでした。
なぜだろうか?そうです。「顔が見えない」からだと思いました。
しっかりと顔が見えて、業者とお客様がつながるサイトがあればいいのになーと当時は思った記憶があり、でもそれをやるのは一業者ではなく、行政や組合などがふさわしいのかな強く思った記憶が残っています。
こういう気持ちがもともとあり、今回の「やねいろは」登録はとても楽しみでした。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA