瓦屋根の谷板入れ替え・棟部のやり替え 長野市安茂里K様

●施工中


●お客様のご要望
太陽光発電システムのメンテナンス業者から、屋根の棟瓦がズレているので、屋根屋さんに診てもらった方が良いとアドバイスを受けたと、弊社にご相談がございました。
※ご新規のお客様です。


●ご提案内容
調査にお伺いし、お客様宅の屋根に昇らせていただきました。
お客様宅は築年数が30年程とのことで、棟部の劣化(のし瓦のずれ、棟土の流出)が生じており、修復が必要な状態でありました。
また、旧来の工法で施工されているため、地震や台風等の外因があれば、すぐに損傷する状態でありました。
さらに、谷板にも錆が発生し始めており、棟部との兼ね合いがあるため、棟部のやり替え工事と同時に谷板も入替する工事をご提案いたしました。
お客様には、瓦自体はメンテナンスフリーで全く修理の必要性がないことをご説明した上で、工法についての詳細な説明の上、数種類の御見積をご提案いたしました。


●施工内容
谷板金入れ替え工事 トタン板 → ステンレス板
棟部やり替え工事(2階大棟・1階隅棟) 他
※瓦ガイドライン工法(耐風・耐震工法)にて施工


●施工期間
3日間~


●参考価格
50万円~
※既存撤去・処分含む


●施工後のお客様の声
とても良くやってもらい良かったです。安心しています。暑いなか、ありがとうございました。