土蔵の土間改修 長野市信州新町M様

●土蔵内部

●土蔵外部

●シロアリ駆除工事

●コンクリート打ち工事


●お客様のご要望
土蔵に荷物を仕舞おうと思ったのだが、床板が抜けてしまった。
床を直して、土蔵を使いたいので、みてほしいとご相談を受けました。
★ご紹介のお客様です。


●ご提案内容
お客様にお話をお伺いすると、この土蔵は明治時代初期に建てられた、築100数十年以上の何代にも渡って引き継がれてきた建物とお話をお伺いしました。
現在でも、お米の保管等にも利用しておられていたのですが、広いスペースに荷物を置こうとしたところ、床が抜け落ちてしまうほど床の損傷が激しく困っているとのことでした。
お客様からは当初、床を再度、材木でやり直したいとの希望を頂きましたが、過去のお客様で「土蔵の床面をコンクリートにする」ことで利便性や耐久性が大きくアップされた事例をお伝えしました。
特に、床面全体にシロアリの発生している状況が観られ、シロアリの駆除をした上で、コンクリートにされた方が、この先も何十年と使い勝手が良いことを強調してご提案をいたしました。


●施工内容
既存床組解体撤去
シロアリ駆除:土壌・木部処理
コンクリート打ち(砕石・防湿シート・メッシュ鉄筋敷)
造付棚・階段調整 他
土蔵外部コンクリート亀裂補修
電気配線工事(コンセント設置)


●施工期間
1~2週間


●施工後のお客様の声
新型コロナウィルスが流行する前に、工事を済ませてもらえて良かったです。
床がコンクリートになり、利用価値が高まりました。
とても使いやすくなって、本当に良かったです。