瓦・板金・屋根工事 外壁廻りの雨漏り修理

Before

After

長野市稲里町Y様

●お客様のご要望
数年前から屋根から雨漏りしていて、ちょうどその時期に外壁塗装をしたので、塗装屋さんがついでに修理をしてくれたと言っていたのだけれど、どうもまだ雨漏りしているようなので診てほしいとご相談を受けました。
★ご新規のお客様です。

 

●ご提案内容
調査にお伺いし、雨漏りをしている部屋の箇所を確認した上で、該当箇所の屋根を調査しました。ちょうどベランダの床下廻りの外壁(防水性の悪いALC外壁)に苔が生えるほど劣化していました。おそらくベランダの床下のため、数年前の塗装工事の際に職人さんの身体が入らず、塗装をされなかったことが雨漏りにつながっていると推測しました。そこで、施主様には思い切って、ベランダを一時撤去した上で、ベランダ下の外壁廻りの塗装をする工事をご提案しました。また、ベランダ一時撤去・再設置に合わせて、ベランダの床材の新設もご提案しました。そのなかで、施主様のお話をお聞きしていく中で、ベランダに屋根がないことから、部屋に雨水が入り困っているとのお話があり、アルミ製の庇屋根の取付も併せてご提案しました。

 

●施工内容
雨漏り外部:雨漏り修繕工事(塗装工事)
※既存ベランダを一時撤去し、屋根・外壁際の防水塗装をしました。
ベランダ再設置・床板新設工事
ベランダ庇屋根取付工事
★ベランダ庇は、LIXILスピーネを採用。

 

●施工期間
1週間

 

●施工金額
40万円

 

●施工後のお客様の声
雨漏りを解消して頂き、ありがとうございました。数年前に外壁塗装をしたばかりだったので、まさか外壁廻りから雨漏りがしているとは思いませんでした。プロの診断で、確実な仕事をして頂き、ありがとうございました。また、この機会に物干しで利用しているベランダも使いやすくリフォームできて、良かったです。

お電話でのお問い合わせはこちらへ

電話