瓦・板金・屋根工事 瓦屋根の棟部・谷板金修理

Before

After

長野市篠ノ井K様

●お客様のご要望
30年前に造った瓦屋根の棟が崩れてきたようで、訪問業者が訪ねてきた。また、谷から雨漏りしているようで、診てほしいとご連絡を頂きました。
★ご紹介のお客様です。

 

●ご提案内容
調査にお伺いし、瓦屋根の棟部が経年劣化により、崩れきておりました。
さらに、のし瓦についても凍害による欠けが診られておりました。
また、谷部については、谷銅製板金に穴が開いており、そこから侵入した雨水が雨漏りの原因となっておりました。そこで、棟部の施工は新しい瓦にて「耐風・耐震工法(ガイドライン工法)」に従い、防災施工を行うとともに、谷部は破損部を中心に板金の入れ替え工事をご提案しました。

 

●施工内容
瓦屋根の棟部やり替え工事
※瓦ガイドライン工法(耐風・耐震工法)にて施工しました。
銅製谷板金入れ替え工事 

 

●施工期間
2日

 

●施工金額
約20万円

 

●施工後のお客様の声
大雨が降る前に迅速に工事をして頂き、ありがとうございました。
これで、次の世代へ安心して、引き継げます。

お電話でのお問い合わせはこちらへ

電話