瓦・板金・屋根工事 凍害の瓦屋根棟部の修理

Before

After

長野市篠ノ井U様

●お客様のご要望
以前工事をさせて頂いたお客様のご親戚から、自宅の瓦屋根を診てほしいとご連絡を頂きました。
※ご新規のお客様です。

 

●ご提案内容
棟が非常にたくさんある豪華なお宅で、棟部は凍害により損傷をしておりました。現状の仕上げでは、損傷が激しくなるばかりであることから、雨漏りを防ぐためにも、凍害に強くなった新しい瓦及び資材での早急な棟のやり替え工事が必要な状況でした。また、離れの建物の瓦屋根についても、旧工法による施工のため、瓦のズレが激しく、ビス止めによる補強が必要な状態でした。
そこで、これらの問題点を解消する工事をご提案いたしました。

 

●施工内容
本宅寄棟屋根:棟部全やり替え工事(三州陶器瓦いぶし銀色)
※瓦は全て新品を使用し、防災工法「瓦ガイドライン工法(耐風・耐震工法)」による施工を行いました。
離れ切妻屋根:平部・軒先部全補強工事
※急勾配の屋根で、瓦のずれ等が激しい状態のため、防災工法「瓦ガイドライン工法(耐風・耐震工法)」による施工を行いました。

 

●施工期間
1週間

 

●施工価格
約100~150万円

 

●施工後のお客様の声
普段、屋根を視ることもないものだから、自宅の屋根がこれ程まで損傷しているなんてびっくりでした。
また、新築の時に近くのお大工様に豪華な屋根を造ってもらったので、その維持は大変だけれども、これからも大切に住んでいきたい。
また、これからは雨漏りや豪雪や地震などの心配がなくなり良かったです。

お電話でのお問い合わせはこちらへ

電話